• ERP
  • SIer
  • API
  • Azure

CMSと基幹システムとの連動

CMSと基幹システムとの連動

CMSと基幹システムとの連携

基幹システムや業務システム(いわゆるERP※1)のフロント機能としてWEBシステムが使用されていますが、近年そのWEBシステムのベースとしてCMS ※2を利用するケースが増えています。 このことは、ネット回線の高速化、サーバスペックの向上などインフラの進化により、CMSがリッチなコンテンツや大量のデータをスムーズに取り扱うことが出来るようになったこと。CMS自体が高度化し、プラグイン等が豊富になり、様々な処理を行うことが出来るようになったこと。さらには、API ※3等の技術が汎用化され、システム間のデータのやり取りが簡易になったことなどの背景があります。 従来は、基幹システムと同じプラットフォームを使ってフロント部分を開発していたため、多額の費用と工数がかかっていましたが、CMSをフロント部分に使い、基幹システムと連携させることにより、開発費用と工数の大幅な削減を実現できています。

しかし、この連携を可能にするには、WEBシステムと基幹システム両方のプラットフォームやそれぞれのインフラ環境を理解する必要があります。特にWEBシステムと基幹システムではその開発手法も大きく異なる(例えば、アジャイル型開発※4とウォーターフォール型開発※5など)ので、プロジェクト管理の方法はもとより、エンジニア同士のコミュニケーションにも困難が発生する場合もあります。

弊社には、この二つの分野それぞれに精通したエンジニアが存在し、かつデザイン部門も充実しています。また、基幹システムと連携するWEBシステム開発実績も豊富ですので、基幹システムを担当されているシステム会社様(SIer ※6様等)とも、スムーズに開発が出来ます。

 

※1:ERP=Enterprise Resource Planning(企業資源計画)の略で、日本語では、統合基幹業務システム、基幹システムといいます。
※2:CMS=Contents Management Systemの略で、 web制作に必要な専門的な知識が無くても、webサイトやコンテンツを構築・管理・更新できるシステムのことを言います。
※3:API=Application Programming Interfaceの略で、アプリケーション・ソフトウェアを構築および統合するために使われるツール、定義、プロトコルです。
※4:アジャイル型開発とは、「俊敏な」「すばやい」という意味の英単語で、要求仕様の変更などに対して、機敏かつ柔軟に対応するためのソフトウェア開発手法です。アジャイルでは、仕様や設計の変更があることを前提に開発を進めていき、徐々にすり合わせや検証を重ねていくというアプローチをとります。引用(コトバンク)
※5:ウォーターフォール型開発とは、要求仕様を満たす詳細な設計を行ったうえで、プログラミング開発や試験工程に移行するウォーターフォールモデルと呼ばれる手法です。
※6:Sier=System Integratorの略称で、顧客(クライアント)の要望に応じて、ソフトウェアの設計や運用、コンサルティングに至るまで様々な仕事を請け負う会社のことです。主に基幹システムや業務システムなど大規模なシステム開発を行います。

事例1:WEBからの予約データを基幹システムへ連携

某観光バス会社様では、WEBシステムと基幹システムを連携させるツールとして、WEB側システムにCMSを導入されています。
既にCMSを導入されていましたが、基幹システムのリニューアルのタイミングに合わせて、WEB側CMSの見直しも同時に検討されていました。 そこで、弊社から現状の課題をヒアリングさせていただき弊社CMSチームでの検討の後、 最適と判断したconcrete5への入替をご提案させていただきました。
このことにより、開発コストを削減(開発スピードとOSS※7による費用対効果)する事に成功し、同時に、concrete5の最大の特徴である「直感的な操作」によって、お客様ご自身でのWEBサイト運用と運用作業の効率化を実現する事が出来ました。 次のような方法で「基幹システムから連携 → WEBでの受注 → 受注情報を基幹システムに連携」と一気通貫で連携できるシステムを構築しています。
 

① 基幹システムでツアーデータを作成  
② WEB側のデータベースとリアルタイム連携  
③ 連携データからWEB側のツアーページを自動生成  
④ 自動生成されたWEBページを任意にお客様が編集・公開  
⑤ (WEB側からのツアー予約を受付)  
⑥ WEB予約時にAPI経由で基幹システムに在庫確認  
⑦ WEB側で予約受付  
⑧ 予約情報を基幹システムにAPI連携

 


※7:OSS=Open Source Softwareの略で、作成者がソースコードを無償で公開していて、利用や改変、再配布が自由に許可されているソフトウェアのことです。 

事例2:受注データを基幹システムへ連携、請求データをWEBへ連携

某大手研修事業会社様では、WEBからの受注(研修コースへの申込データ)を、基幹システムへ連携。基幹システムからの請求データをWEBへ連携することにより、顧客に対し請求情報や入金情報、研修履歴などをフィードバックしています。このWEB側のシステムを弊社で担当、CMSをベースに連携部分の開発を行いました。当初は、基幹システムのプラットフォームに合わせ、JAVAでフルスクラッチで開発しましたが、リニューアルのタイミングで、CMSとPHPを中心とするLAMP環境に変更、大幅な開発コスト削減を実現しています。

 

事例3:ナレッジサイトを通じ、社内外のデータの共有化を実現

某大手教育会社様では、CMSを使ってナレッジシステムを構築しています。もともとこのナレッジシステムはLotus Notesを使った社内イントラシステムでしたが、ナレッジデータをフランチャイズである学習塾(社外)にも共有する必要が生じ、WEBシステムにリニューアルされました。

課題であったのは、社内の複雑なワークフロー(承認機能)をどうWEBで実現するか、情報の発信元である部署が変更になった場合、その情報をすべてのナレッジデータに如何に反映するかという点でした。
当初はこれらの機能要件をすべて満たすために、スクラッチにてナレッジシステムを構築しましたが、試行錯誤の上、現在ではCMSをベースに運用されています。
基幹システムの部署マスタ、社員マスタをCMSに取り込み、逆にCMSで作成したナレッジデータを基幹システムにフィードバックし、社内の印刷物などに活用されています。